部屋探しの時期をそこにした理由

部屋探しの時期は、色々あります。よく言われるのは、引越しや転職が多い3?4月といった季節です。

自分自身もこのタイミングに引越ししようと、部屋探しの時期を決めた事が多いです。

少し前もって行動したりするのですが、やはり物件の数が増えたり、ただの賃貸だけでなく、シェアハウス等の特殊な形態も多くあり、たくさんの中から選べたよ。

しかし、自分も部屋探しの時期というのは、他人も同じ感覚でいるはず。

そう思い、目星をつけていた物件の内覧を申し込もうと思った時には、既に借り手が決まっている、なんて事も少なくなかったです。

もちろん、予定と相談しながら、内覧日取りを決める為、希望通りにならない方が多いかもしれません。

多くの候補がある状態で選ぶのは、大変ではありましたが、それぞれの物件ごとに様々な特徴があって、楽しくもありました。

次に引越しする機会があれば、やっぱり前回と同じく、部屋探しの時期は3?4月を選びたいなと思う。

決断が迫っているぜ

いよいよ自分自身にも、誤魔化しが効かなくなってきた。認めたくないが、私は「不眠症」だと思われる。

最初は夜中に入る除雪の騒音とか、朝の新聞配達で目が覚めるのかな?と思ってたけど、どうやら違うらしい。

このところ寒いので、遅くても22時にはベッドへ入る私。仮にすぐ眠りについたとして、0時2、4時とほぼ2時間毎、規則的に覚醒してしまう。

おかげで最近、左目の下(涙袋の辺り)がピクピクと、不快な痙攣が続く日もある。

最初はお酒を飲んで寝てみたりしたけど、これは喉が渇いたり、トイレに行きたくなるからダメ。

母が病院から処方されたゾルピデムという眠剤を、試しにもらって飲んでみたけど、これは長短時間型の薬で寝つきが悪い人用って感じでダメ。

中途半端に、市販の睡眠導入剤を買うくらいなら、病院に行こうではないか!でも、何科に行けばいいのか、サッパリわからず、ネットで調べてみるかね。